行き詰まったときの突破口は意外なところから見つかる

人生


人生に行き詰まっているとき、何をやってもうまくいかず、考えても答えは出ない。
そんなとき、人はすごく視野が狭くなっています。人に意見を聞いたり、ハウツー本を読んでみても結果がなかなか出ない。出口のないトンネルをずっと歩き続けている感じがしますよね。行き詰まっているときというのは、その問題に対して解決策を探そうとして消耗している状態です。


「このままじゃダメだ」
「なんとか抜け出さないと」
「どうしたらうまく行くんだろう」


こんな風に自分を自分で追い詰めてしまっている状態では、何をしても良い結果にはなりません。だからここで一旦、意識的に「なんとかしないと」と思っていることを手放してみることをお勧めします。問題はとりあえず棚上げしておいて、解決しなくていいや、と決めてみてください。問題を解決する努力をやめて、やってみたい楽しそうなことを実行します。例えば、ずっと行けていなかったタルト屋さんに行くとか、友達を誘ってスパに行くとか、新しい服を買うとか、プロにヘアメイクしてもらうとか、憧れの場所まで行ってみるとか。そうやって時を過ごしていくうちに、誰かが言った一言やLINEのメッセージ、出かけた先で目に入ったものなどからふとしたヒントがやってきます。

実はこれが、行き詰まりから抜け出すコツなんです。
これは法則と行ってもいいくらい、問題を忘れたとき突然ヒントが伝えられます。

というのも「なんとかしなきゃ」と考えている時というのは、自分の想像できることしか浮かびません。思い込みや固定観念に囚われていて視野が狭くなっているのでいくらヒントが落ちてても気が付かないんですね。だから、「なんとかしなきゃ」をやめる必要があるのです。これはとても勇気がいりますね。人生を捨てるような感覚になります(笑)
でも人生のある時期、何もしない世捨て人みたいな時期があってもいいと思うんです。たとえそれが数日、数週間、数ヶ月、数年だったとしても、どうにもならない人生にしがみついているよりはよっぽど有意義だと思います。
そして世捨て人の生活も絶対飽きが来るので、そしたらまた動けばいいのです。


話が逸れました、戻しますね。
私は最近、フリーランスで稼いで生活を成り立たせるのにちょっと行き詰まっていました。安定した受注先はおろか、単発の稼ぎ口も見つからない状態。かといって、どうすればいいのかアイディアも湧いてこない。これはかなり焦ります。でも、何ヶ月もそんな風に過ごしていたら飽きてしまい、とりあえずデートしたい、釣り行きたい、温泉やスパに行きたい、いちご狩りしたい、おしゃれしたい!という気分になりました。そしてこれらを全て実行したのです。(いちご狩り以外)

そんな感じで2ヶ月ほど遊んでいたら、ヒントに気がついたのです。
スパで露天風呂に入っていたとき、一緒に行った友達が「ジブリとかの映画を分析して語るおじさんのYouTubeにハマっている」と言っていました。その時は「へー」と思ってあまり関心がなかったのですが、後日、その友達とLINEでやりとりしているときに「こないだ話してたおじさんのYouTubeです」とURLが送られて来ました。それでも私はあまり関心がなく、何日か放置していたのです。そして作業中に何か聴きたくなったので、あのおじさんの話を思い出し、URLのリンクをクリックしました。するととても面白い!友達が教えてくれたYouTuberのおじさんとは岡田斗司夫さんというアニメ界では大御所でテレビにも出演していた有名な方でした。動画が面白かったので、どんどんコンテンツを見ていくうちにある動画の一言になるほど!というヒントがあったのです。

その動画は
「3万円の仕事を10本作る」という内容でした。
いつ発信されたのかもどんな意図で発信されたのかもよく覚えていませんが、私はこの言葉を聞いた時、これならフリーランスで何とかできそう!と思ったのです。

私はイラストレーターとして単価の高いお客さん相手に仕事をしたいと思っていたので、
30万円の仕事×1社か2社という計算でした。収入の大部分を2本くらいの仕事で何とかならないか考えていたのです。で、仕事が来なくて行き詰まっていたと。

でもよく考えたら私はクラウド系のイラスト仕事やストックイラスト、ブログやYouTube、インスタなどもやっていたのです。1本3万円でいいならこれらをそれぞれ強化して稼げないこともない!と希望が持てたのです。そのほかにイラストとは全く関係のないお仕事も個人事業主として気合を入れて2本ほど再開しました。

こうやって私の行き詰まっていた人生に突破口となるヒントが訪れました。


でも実は、改めて思い返してみたら、この3万円の仕事を10本作るという話は6年くらい前から聞いていた話だったんです。数や金額などは具体的でなかったにしろ、同じようなことを言ってくれている人は身近にいたのです。なのになぜ、私は6年間も忘れていたのか…。
このことから、人には気づくタイミングがあるんだと思います。いくら素晴らしい人に有意義なアドバイスをもらっていたとしても、その時の自分の状態やレベルでは腑に落とせないことがあるのです。要は、ヒントやチャンスはこれだという分かりやすいものではないということです。だから私はいくら今行き詰まっている人でも必ず抜け出すタイミングはいつでもあると実感しております。そして、そのタイミングを運任せにせず早めに掴むには、今行き詰まっている人生、やり方、思考を一旦捨てる勇気と、人生を楽しむ決意が必要だということです。


これが私が体験した行き詰まった時の解決策です。
実践しやすいと思うので試しにやってみてください。


ここで注意して欲しいのは、「行き詰まりを抜け出すために楽しいことを探す」という思考はおすすめしません。
まずは、今しがみついている人生(やり方)を一旦捨てる勢いで、やりたいことをできる範囲でどんどんやってみる、この思考で行ってください。期待が入るとどうしても純粋に楽しむということができなくなるので、ヒントにも気ずきにくいのです。



最後にヴィクトール・フランクルの言葉を載せさせていただきます。
「人生はあなたを待っている あなたたちを待っている何かがあるはずです。 それが何か考えてください


YouTubeでも語ってます(^ ^)



#人生行き詰まった時



コメント

タイトルとURLをコピーしました